インスタグラムのストーリー:本当のおとぎ話 🧐

インスタグラムの物語-真実の物語
sで公開されました。

多くの人にとって、Instagramのない生活は考えられません。結局のところ、世界は現在、Instagramで活動している人と、アカウントを持っていない理由を説明できる人に分かれています。つまり、インスタグラムを使っていない人でも、インスタグラムがどんなものか知っているということです。そのため、Instagramがどのようにして世界の大国になったのかを知る人がほとんどいないのは、とても驚きです。あるいは、かつてInstagramがウイスキーファンのために作られたことをご存知でしたか?

インスタグラム設立の経緯

Instagramは、2010年にMike KriegerとKevin Systromによって作成・公開されました。しかし、あまり知られていないことですが、元々のアプリは「Instagram」という名前ではなく、現在のような目的で使われていたわけではありません。 ケビン・シストロムは、代わりに "Burbn "というアプリのコードを開発しました。ウイスキー、特にバーボンが好きな彼は、これらのお酒を一緒に楽しむのに最適な場所を入力するプラットフォームを持ちたいと考えました。適当な写真を添えれば、ウイスキーのファンは地元でネットワークを作ることができる。シストロムは余暇に独学でコードを学び、このアプリは当初、ちょっとしたギミックに過ぎませんでした。しかし、しばらくすると、もっと何かになりそうな気がしてきました。しかし、シストロムは生まれながらのビジネスの専門家でもなければ、例えば天才的なコーディング技術者でもありません。彼は、本当に良いアイデアを適切なタイミングで持っていました。 ネットワーキングイベントのバーで、彼は何人かの投資家と出会い、彼の試作したアプリをすぐに気に入ってくれました。彼は仕事を辞め、2週間のうちに投資家を通じて約50万ドルのプロジェクトのためのシードマネーを調達しました。早速、シストロムはこの機会に、大学時代の仲間であるマイク・クリーガーとコラボレーションしました。彼は、数年前にすでにBurbnのアイデアを伝えていた。 当時、同じような写真アプリのプロジェクトがいくつかありました。YouTubeやFacebookの成功の後、誰もが次の大きなものを探していました。シストロムとクリーガーは正しい判断を下し、ギミックではなく、写真の投稿と共有に焦点を当てました。結局、「Burbn」アプリの100人ほどのユーザー(ほとんどがシストロムの友人・知人)は、「一番好きなのは写真の共有」と答えています。また、新たな目標として、「Instantcamera」と「Telegram」を組み合わせた新造語である「Instagram」という名前を付けました。2010年10月には、このアプリを一般公開しました。2010年12月には100万人以上の方にご利用いただきました。Instagramの誕生です。

急速に業界をリードするInstagram

2500万ドル - これは、2011年のわずか数ヶ月後にInstagramが獲得した金額です。誇大広告に終わりはありませんでした。ツイッター社は、このプラットフォームを約5億ドルで買収しようとしました。2012年4月、Facebookは10億ドルでこのアプリを買収し、同時にInstagramが会社として存続することを保証しました。 10億という数字は今でも通用する。なぜなら、2020年にはそれだけ多くの人がアプリを使っていたからです。そのうち、ドイツだけで2100万人。ユーザーの半数、つまり5億人以上が、毎日ストーリーを見たり、自分で投稿したりしています。そして、数字の話をしているのでインスタグラムの価値は現在1,000億ドルと言われています。

クリーガーとシストロム:彼らに何が起こったのか?

ケビン・シストロムとマイク・クリーガーは現在、インスタグラムの一員ではありません。彼らはもう会社の一員ではありませんが、もちろんアカウントを持っています。それ以外は、ほとんど表に出てきません。 しかし、シストロムは1983年生まれ、クリーガーは1986年生まれと、二人ともまだ若いので、二人だけで、あるいは二人でアイデアを出し合うこともあるだろう。例えばクリーガーは、2020年に「COVID」の普及状況を把握するためのアプリを開発しました。 最後に、Instagramの始まりがいかに謙虚であったかをよく表している2つの言葉をご紹介します。 ケビン・シストロムは、自分が成功したと言えるかどうかを聞かれたとき(2011年)、"私にとっての成功は、両親がアプリを使い始めたことだ "と答えている。 マイク・クリーガーはインタビューの中で、Instagramの初期の頃のエピソードを紹介しています。「ある時、目が覚めたらサイトがダウンしているというメールが来ていて、誰が面倒を見てくれたんだ?シェーンさん、お世話になりました。Kevさん、お世話になりました。そして最終的にはターミナルでログインして、最後に入力した内容を確認します。どうやら、夜中の3時半、完全に酔っ払った状態で、私はInstagramを復活させることができたようです。そのくらい、当時は苦労していました」。

インスタグラムの17のクレイジーなアカウント

インスタグラム最もクレイジーな17のアカウント

クレイジーなインスタグラムのアカウントはどこにでもある

続きを読む

どのような写真をインスタグラムに投稿できるか

どのような写真をインスタグラムに投稿してよいのでしょうか?

しかし、どのようなものをアップロードしてもよいのでしょうか?

続きを読む